ペリカン 1931 ゴールド

こんにちは、獏進太郎です。「本日の一本」今日はヴィンテージコーナーの「ペリカン 1931」です。

18金無垢のボディにエボナイトのキャップ。シンプルさとゴージャスさが見事にマッチした一本。18金ペン先、ピストン吸入、天冠にはレトロっぽく、ペリカンイメージカラーのグリーンで、ペリカンの親子が描かれています。重量が軽く、軸も細めの万年筆が好みの方にはおススメの万年筆です。ゴールドが派手過ぎず、黒と金の相性の良さを知らしめるかの如く、世に放たれた一本ですね。

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: 万年筆 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中