雅の時を過ごす

知人に誘われて修善寺まで一泊散歩、まずは現地で有名な[朴念仁]にて昼食のそば懐石を頂いたがこのそばがまずは絶品、腹が膨れたところで伊豆修善寺、懐石旅館[あさば]へ。[あさば]と言えば日本一の旅館として有名だが、宮様をはじめ多くの有名人や政治家、いつだったかフランス政府が借り切りシラク大統領が一週間滞在したと言う著名な旅館。ここで二時間以上かけて出される懐石料理は小生が味わった日本料理ではおそらくピカイチではないだろうか。館内には能舞台もありシンプルな中にも深い[雅]の味わいを感じさせてくれている。仲居さんはどなたも年配にも関わらず優雅で品があり凜とした佇まい。部屋に居ればどこにも出たくないしずっとそこに居たい気分にさせてくれる。温泉に浸かりゆっくり休んだ朝には好きなジャズを聴きながらの一服、その後出される朝食もまたまったりとした懐石風朝食、これがまた最高!小生は一時、世間の雑念を忘れ[雅]の時を過ごさせてもらった。感謝

   

   

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

雅の時を過ごす への4件のフィードバック

  1. すいどう より:

    この「雅び」なる言葉を本当の意味で変換出来る言語は世界中の何処を探しても見付からないと思います。
    私達だって説明することは、ほぼ不可能なのですから。でもそれ自体は「分かる」事ができます。何故かとっても嬉しい想いにかられてしまうのです。

    いいね

  2. SkyWind より:

    なんて素敵な旅館でしょう。。。
    御献立も素晴らしい品格のある文字で、お料理も美味しそうで、行ってみたくなりました。
    よい一泊旅行になりましたね。
    写真のどこにも万年筆が見当たらなかったのが、意外でしたが(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中