あわてる乞食は美味さが解らぬ

何事もあわててはいけない、「急いては事を仕損じる」・・恋をするのも急な階段の二階にある喫茶店経営も書き良い萬年筆も況んや然りである。ましてや料理とくれば当然。てっちゃんはしっかり艶が出るまで10分間はひっくり返し続けての我慢の焼きいれ。焼き入れと言っても関西XX風のしばきやしごきではないぞよ?優しく心を込めてしっかり焼きを入れる。そうすれば「なんじゃこりゃ」と一言漏れるほどに噛めば噛むほど美味いてっちゃんが出来上がるのだ。人生は慌てるなよと、お初天神「河童」のてっちゃんは教えてくれるのである。何事も辛抱、何事も我慢なのである・・嘘だと思うなら一度試してみんしゃい! 一休さんのたまわく、あわてないあわてない(笑)・・・d(≧▽≦*d)☆:*・ホェ:*・゚

広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: グルメ パーマリンク

あわてる乞食は美味さが解らぬ への6件のフィードバック

  1. こうのすけ より:

    九州大会はお酒持込で楽しい会になりました。ペンクリとバッティングとは。またのお越しを期待しています。

    いいね

  2. すいどう より:

    てっちゃんを作る?のも心の傷を癒すのも時間が大事ということですね!?

    いいね

  3. たがみ たけし より:

    食べ過ぎ注意(笑)!

    いいね

    • yumemachi より:

      たがみさんへ
      美味いものはついつい食べ過ぎてしまいます。ヘンタイは心に逆らう事が出来ないのでしょう・・仕方ナイッス!(笑)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中