滑らかと言う華

滑らか関数とは数学において関数の滑らかさ(smoothness)はその関数に対して微分可能性を考える事で測られる。より高い階数の導関数を持つ関数ほど滑らかさの度合いが強いと考えられる。なんて難しいことはともかく滑らかとはひっかかりのないすべらかな動きやスムーズな動作、状態を表す言葉であろう。最近はあまり新たに増やさない様にしている(今の所予約はペリカンM1005デモンストレーターBぐらいか?)が、小生がもっともそれが近いと感じるものを挙げるとすれば、まずこの四本のように思われる。書き味、優雅さ、華やかさ、上質感、人にもよるだろうが、何気に普段使うのにも抵抗がない。いや抵抗がなくなったと言うべきかも知れない。時に励まし元気づけ手にすれば勇気が湧いて来るような錯覚さえ覚える、萬年筆とは文句を言わない伴侶のようなモノなのだろうか?(笑)

  

広告
カテゴリー: 万年筆 パーマリンク

滑らかと言う華 への4件のフィードバック

  1. こうのすけ より:

    一番手前がたまりませんね。MEDE IN JAPAN 憧れの一本ですね。

    いいね

  2. すいどう より:

    どれも美しく重厚なペンですね。どこまでも滑っていくような書き心地なのでしょうか?このクラスのペンを何気に使えるとは…流石です!!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中