オノオノ方、切腹でござる

いよいよ来週は手術と相成り候、逃げ出すわけにもいかず所謂まな板の鯉と言ったところか?一昨日は息子と些細な事で遣り合ってしまったが、少し大人気なかったと反省しきり。冷静になって考えてみれば、解って欲しいと強がりに甘えた子供なりの心境だったのかな?と理解出来る。今ひとつ大きな気持ちで受け止めてやれば良かったのかも知れないが、親の尊厳が踏みにじられ同時に上司に対して礼節が欠けたように感じたので思わず怒ってしまった。まだまだ小生の未熟さは否めないようだ。機会が許せば謝ってやろうかとも想う、世間では親子で仕事をしていると何かと波風が立つ話をよく聞くが、小生にとっては仕事を共に出来る事は人生に於いての至福の時間と考えたい。今までたったひとりで苦難の中で戦い続けた苦悩の日々、また近い将来、我が子に苦労させる事もまた同じ様に心が痛む。だからこそこの短くとも共有出来る時間こそ貴重で大切な人生へのプレゼントなのだと想いたい。来週は腹の中の黒さを取ってもらってまた出直す事としよう・・(笑)

広告
カテゴリー: 仕事 パーマリンク

オノオノ方、切腹でござる への8件のフィードバック

  1. gunman より:

    相手を思う気持ちがあるからついつい遣りあうのではないでしょうか?
    肉親なら特に、又肉親だから意固地になる面も・・・
    へんたい親爺の修正力を信じています。
    来週からの美女(DIVA)とのバカンス頑張って下さい。(拍手)

    いいね

  2. こうのすけ より:

    至言ですね。まさに。仰せの通りでございます。親子は所詮親子。必ず傷は埋まります。そこが親子。頑張ってください。元気なお顔拝見したいですね。

    いいね

    • yumemachi より:

      こうのすけさんへ
      ありがとう・・親子や兄弟はやり合っても最後には許せる、だからこそ親子なのかも知れませんね・・元気になってお会いしましょう・・(笑)

      いいね

  3. ともぞー より:

    上司としてはガツンと言うのは当たり前です
     フォローは周りの人に頼まれるのも一考かと
     また、「腹をわって話す」と言うではないですか
     入院の折にいろいろお話されるのも良いかも!

    いいね

  4. すいどう より:

    人付き合いは小突きあい…ではないですが(笑)お互いに物事を良くしようとしてぶつかり合うのであれば、駄目どころかとても良い事だと思うのですが。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中