光と影

当選し喜ぶ人、落選しひたすら謝る人、テレビの中でそれぞれの人生感や想いが交叉している。過っては坂本竜馬が、勝海舟が国を憂い民の行く末に心を巡らせ命を燃やしたこの国も、今は平穏に慣れ夢を忘れ、日和見的な無関心さが当たり前のように人を蝕んでいたのではないか、大きな夢や目的の為に苦労し難儀をしても決して人生は無駄になるとは小生は思わない。自分だけを心配し目前だけ見て生きるより、他人に想いを配り遠い将来を夢見る事こそ大切なのではないだろうか。たとえ失敗しても構わない、信じた道はやってみる事に意味がある、勝っても負けても苦労の重さはみな同じ。いずれ光には影が差し、影もまたいつの日か光があたる時が来る事だろう・・・驕る者久しからず
広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: 夢心 パーマリンク

光と影 への2件のフィードバック

  1. su_91 より:

    唯春の夜の夢のごとし・・・今回の選挙で政治に向けられた関心が、このまま続けば良いですね。一過性のブームで終わりそうな気もしますが・・・

    いいね

  2. 夢待ち人 より:

    su91さんへ世に言う[そうだ!~そうだ!~なんだ~?!]では情けないですからね(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中