トレドの暑い月

つい先月までは、事業での段階目標達成まではとトレドは封印していたのだが、なんとかなりそうだったのでと封印を解いた途端一気に3本もケースに並べる事になってしまった。つきみそうさんが毎月1日は[トレドの日]とされているが、小生にはこのひと月は正に暑い熱いトレドの月になってしまったようだ。国産萬年筆ならば、おそらく10本は買えた事だろう?使ってみてトレドは、やはり魅惑的な萬年筆と実感した。量産では味わえないオリジナルな芸術性もさる事ながら、手に持った感触や書くという動作が書き味を超えて人のぬくもりや高尚さが伝わる錯覚さえ覚える。もちろん人によって違いはあるだろうが、書くというバランスではキャップを挿した700トレドに勝るものは無いのではなかろうか?加えて全体の美しさや調和では900トレドの感性は素晴らしいと思える。怖いのはトレドと言う萬年筆はどうやら仲間を呼ぶ習性がある事だ、最近M710レッドトレドが出たようだが、果してこれを無関心に通り過ぎる事が出来るだろうか?恐ろしきはトレド菌なり・・・
広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: 万年筆 パーマリンク

トレドの暑い月 への8件のフィードバック

  1. su_91 より:

    トレド菌は怖いですねぇ。次はM710レッドトレドなんですね?ブログに出てくるとなると、もうターゲットロックオン状態と理解しております(笑

    いいね

  2. ペリカン堂 より:

    トレドは自分には縁のない万年筆とずっと思い続けていました。今でも1本もありませんが、増殖の様子を拝見していると怖くなります(笑)

    いいね

  3. 夢待ち人 より:

    su91さんへいえいえ それはsu91さんの勘違いです、決してそうはならないはず、決して、たぶん?きっと??

    いいね

  4. 夢待ち人 より:

    ペリカン堂さんへそれは本当ですか?当然お持ちかと思っておりました。私もトレドは遠い存在でしたが、最初手にした初期トレドが良すぎでしたね、その後のビッグがまたまた良くて、イエローも期待は裏切りませんでした。決して気になさらぬ様に・・トレドなんてちょっとだけいいなって思う、ただの萬年筆ですから(笑)

    いいね

  5. ペリカン堂 より:

    単に気まぐれで入手していないだけですからお気になさらずに。デザインと色がベストと思っているPELIKAN450もいまのところ、ありません。使い始めたのが実用の具としてなので、あまりにも高価なものには心理的抵抗感があって、それがネックとなっているようです。バンカラ気分がぬけないのです。

    いいね

  6. 夢待ち人 より:

    ペリカン堂さんへなるほど、同感ですね。私も実用第一主義なので、高価なものには同じように抵抗感を感じます。ペリカン堂さんの革製品への挑戦などいつも尊敬しています。もし同じ感覚で使うのであれば私的には700トレドが実用的な印象がありますね。

    いいね

  7. たけし より:

    赤いのが入ってくるのも時間の問題かと(笑)!しかし確かに実用から考えれば最高の部類に入る万年筆ですね〜自分にとって実用的な万年筆ってなんだろう?考えてしまいますね!

    いいね

  8. 夢待ち人 より:

    たがみさんへおはようございます、赤いのはレッドとかコンウェイもあるし、今は間に合っておりますです。たがみさんは何ものにも束縛されず自由に集められるのがたがみ流ではないでしょうか?自由奔放に好きなものを集めるたがみさんは最高のコレクターだとお慕いしております(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中