近江の中屋万年筆店

島根の近江にある山本漆店からメールが来て2ヶ月かかってようやくモンブラン149と柘製作所の富士の軸の漆を塗り終えペン先調整の為に中屋万年筆店へ持ち込まれたとの事、モンブラン149は胴軸部分を臙脂色に富士はブライヤー以外の胴軸エボナイト部分を黒の漆をお願いしてある、近くにある中屋万年筆店(プラチナ系の中屋万年筆とは別)には以前より興味があり同時にペン先職人の久保さんにじゃじゃ馬の149ペン先の調整もお願いする事にしたのだ、やはり正月になるそうである、まあ楽しみに正月を待つのもいいだろう・・
広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: 万年筆 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中