大峡製鞄のソフトブリーフ

やっと月末の仕事が終わった、毎月月末は落ち着かない、そんな中先日三越本店で見た大峡のソフトブリーフが頭をよぎるエルメスのシュランケンカーフで造った優しい印象の革の少し小さめのブリーフだ、本来はしっかりしたデザインが好きだが今更ガツガツ営業するわけでもないからやはり気楽に使いたいと思うとこういうのもいいかも知れない、しかし立て続けに鞄にうつつを抜かした事を反省し我慢できるかどうか・・しかしいいね、これ 
広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: パーマリンク

大峡製鞄のソフトブリーフ への1件のフィードバック

  1. 幸代 より:

    これって、イタリアのGUIA’Sの キューブボストンとかと革が似てそうです。
    えーと、つまりエルメスだとピコタントートとかで使っている、くにゅっとしたタイプの。
    革が好きな人にはたまらない、革くさい、柔らかい、ずっとさわっていたくなる系の。(#^.^#)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中