ル・ボナー ブリーフ鞄グラス

ル・ボナーのドイツのシュランケンカーフを使ったソフトブリーフ〔グラス〕、ダレスは手に入れたけど、やはりどこの製造?と 何処の材料?が頭をよぎる、エルメスの指定の革のシュランケンカーフ 傷は一切嫌い、一人の職人が全部造るというカリスマ的なエルメスだがこのルボナーの松本さんはいい物にはかなり職人として触手が騒ぐらしい、先日大峡のブリーフを見た、これも名前を〔ドイツブリーフ〕と言うらしいが、やはりドイツはその信頼性と技術面ではプロの高い要求を満たすほどの魅力があるのだろう、いつかはクラウンではないがいつかは良いブリーフバッグという所か・・ 
広告

Repairing Engineer (オーナー) について

万年筆専門に修理・調整の事なら御相談下さい
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中